3ステップどもり(吃音)解消プログラムの吃音改善方法

わずか1日15分、30日で吃音解消?

当サイトは、発売以来ロングセールスを続け、重度の吃音(どもり)経験者が改善した方法をカリキュラム化した「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」を解説しています。
「1日15分間、そして30日間」で吃音を解消することができるのでしょうか?
(未来写真
「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」は、スラスラ言葉が出るようになりたいあなたにとって重要な内容です。
(教材

 

 

あなたはこんなことで悩んでいませんか?
・ 自分が喋ると友達がからかうからしゃべることができない
・ 普段は喋れるのに、電話が鳴ると手が震える
・ 人前で名前をすんなり言えない
・ 普通の人とお内情にしゃべれるようになりたい
・ 会社の同僚からしゃべり方を指摘された
・ 緊張すると言葉がスラスラ出てこなくなる
・ どもりな治るといわれた教室に通っても効果がない

 

少し前までは、吃音(どもり)をなおすことが難しいといわれていましたが、最近では吃音の研究も進み、トレーニングを繰り返すことで改善できる症状だということがわかってきました。ただ、その方法はまだ一般に知られていないため、話し方教室で「発声方法」や「しゃべり方・技術」などに焦点を当てた古い方法も残っているようです。
こういった治療法で改善がみられる人もいる反面、多くの人が効果を感じていないのも事実です。
吃音をなおすためには、あなたの脳の中に記憶されている古いデータを書き換える必要があるのです。

 

「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」の特徴
・ 吃音をなおすために必要な時間は1日15分30日間
・ あなたの吃音(どもり)の原因を探る
・ どもりをなおす生活習慣を身につける
・ 自律神経と潜在意識の2点に焦点を当て吃音を克服する

 

 

「脳のプログラムを書き換える!?どうやって?」

 

もし、毎日簡単なトレーニングをするだけで
30日後にはスラスラと言葉が出るようになっているとしたら
あなたは試してみる価値がありますか?

 

当サイトは、実際に「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」の内容を確認してそのやり方をレポートしています。よろしければ参考になさってみてください。(なお、「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」の口コミなどを検索すると多数のサイトがヒットしますが、内容を見ていないレビューサイトもあります。ご注意ください)

 

↓「なぜすぐに・・・できるのか?」そのやり方は↓
(教材)26

教材のの開発者とセット内容

宮崎一哉 

 

吃音カウンセラー

 

20年以上にわたり、自身どもりに苦しみ10数か所の病院に通い、本に書いてあるあらゆるどもりを治す方法を試したそうです。しかしいっこうに改善することができず、自分の開発した潜在意識をプログラミングしなおすノウハウで吃音を克服。そのやり方を販売、アドバイスすることで吃音で悩んでいる人を改善に導いています。

 

■ 本編
●PDFテキスト129ページ
(別途料金で冊子版あり) 

 

■ 特典
●PDFテキスト36ページ

 

本編+特典(合計165ページ)

 

・ 全額返金保障

 

 

・ 吃音で恥ずかしい思いをしたくない
・ 人前でスラスラ言葉が出てくるようになりたい
・ どもらない自分になりたい
・ 本当は明るい性格の自分をみせたい
・ 初対面の人とも気軽にしゃべりたい

 

そんな本気で吃音の改善に取り組む人のための教材が「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」です。

「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」のノウハウ

・ 自らのどもり(吃音)克服法を3ステップにまとめている
・ 吃音の原因を「自律神経」と「潜在意識」に特定している
・ 発声練習や話し方訓練は行わない
・ 潜在意識の古いトラウマをリライト(書き換え)する

 

 

この教材は宮崎一哉さん自身のどもり(吃音)克服体験を、教材としてプログラム化したものです。宮崎さんは経験者の視点から「どもり(吃音)は心の病」と断言しておられます。”心”といわれると”治すのはむずかしい”とイメージしてしまいがちなのが私たちです。でも少し考えてみましょう。医学的に心は胸にあるわけではありません。心=脳内のさまざまな働きと言い換えることができます。そして、脳の働きは自立神経の働きに左右されます。このまとめ方が経験者独特のもので、医師が勉強した机上のものではなく、消去法で確実に改善できる方法を特定。吃音の原因を「自律神経」と「潜在意識」の2つに絞っているのが特徴です。。

 

吃音で悩んでいらっしゃるあなたは、もしかするとご自分でもいろいろどもり(吃音)改善方法を調べ、「潜在意識」に着目した内容はご存知かもしれません。しかし、それだけではなく、自律神経(     )にも目を向け、どもり(吃音)になりくい身体づくりにすることで、さらに吃音改善スピードをアップさせることを実現した教材だと感じる内容です。
このオリジナルの3ステップで、実践者の86.7%が効果を実感する実績を残しています。

教材の詳しいやり方

それではマニュアルの目次とともに、どもり(吃音)克服までの流れを解説します。
第一章 どもり・吃音について

 

◆ どうしてどもりの症状が現れるのか
◆ どもりの起こる経路と原因を探る
◆ どもりを治すために必要不可欠なこと
◆ どもり治療を始める前にあなたに伝えておきたいこと

 

この章では、どもり(吃音)の方の共通点が解説されています。そこから、あなたの吃音の原因を探り、吃音を解消するために必要なことを学びます。

 

そのキモは「心構え」

 

実は、この教材ではどもりの原因を「潜在意識」と「自律神経」と特定しています。

 

あなたの心が”どもりを治したい”と焦れば焦るほど、潜在意識と自律神経にはマイナスの影響しかでなくなってしまいます。
だから、できるだけ”どもり”を意識しない心構えが大切なのです。
どもりを意識するなと言われてむずかしく感じるかもしれませんが、マニュアルに書かれている内容を読めば、自分の中で”どもること”をどのようにイメージすればいいか納得できると思います。
「病は気から」というたとえが正しいかどうかはわかりませんが、この意識を習慣づけることが実はかなり重要なことがこの章でわかります。

 

 

第二章 どもりをなくすための生活習慣

 

◆ どもりを消し去るためのお風呂活用法
◆ どもりの原因である神経の乱れを抑える芳香療法
◆ どもりを消し去る笑い、涙、そして眠りの秘密
◆ 過剰イメージ法でどもりの症状を失くす
◆ 心を鎮める姿勢でどもりを止める

 

目次を見ただけでは「そんな方法で吃音を克服?」と思われて当然です。

 

しかし、これらはすべて自律神経を整えることを目的としているために行われます。
「入浴」「芳香療法」「感情の起伏」「睡眠」「姿勢」は、ちょっと調べればでてきそうな項目ですが、その方法をどもり(吃音)改善に活用しているのが、自らが克服経験者の宮崎さんならではのものです。
たとえば「入浴」では、お風呂に浸かりながらの「○○マッサージ」というものも紹介されていて、こういった方法は個人的には初めて知りました。
マニュアルの内容を読んでいけば、その方法や効能も納得できると思います。

 

第三章 吃音(どもり)改善への3ステップ

 

第三章が、どもり(吃音)を改善するための3ステップの解説です。
マニュアル全体からみてもいちばんページ数も割いて解説されているのですが、そのすべてを著作権上あきらかにできないことをご了承ください。
ギリギリで公開しますと、つぎの3ステップです。
1.「効果のある呼吸法のやり方と実践」
2.「音楽療法」
3.「潜在意識のリライト」

 

項目を見ていただければわかるように、メインは3の「潜在意識のリライト」です。
1.2はそのための準備というイメージです。

 

「効果のある呼吸法のやり方と実践」と「音楽療法」は、自律神経を整えるために効果のある方法として科学的にも実証されていますし、さまざまな分野で使われている手法です。

 

「潜在意識のリライト」とは、一体どういうことなのでしょうか?
次のイラストをご覧ください。

 

3ステップどもり(吃音)解消プログラム,どもり,吃音,潜在意識,解消,口コミ

 

このように、私たちは通常生活しているときに意識して行動している部分(顕在意識)は、実は7~8%ぐらいしか使っていないといわれています。まるで、氷山と同じです。

 

たとえば、「夕飯は魚を食べよう。」は顕在意識です。
しかし、”車が飛び出してきて立ち止まる”といった行為は、無意識です。
この時、脳は”このままだとぶつかって危険”と判断して、立ち止まる指令を出して、足の動きを止めます。
実は、どもり(吃音)のメカニズムもおなじで、たまたま小さい時に自分が喋ったことで恥ずかしい体験をしたことを脳が記憶しています。それも、私たちが全く忘れているような体験かもしれません。しかし、脳はこの出来事を記憶していて、人前や緊張する場面では、本人も自覚してない無意識のレベルで、とても強い不安、緊張から精神が乱れてしまうスイッチを入れてしまうのです。それが無意識レベルでの癖となってしまっているのです。
そこで、この無意識のデータをリライト(書き換える)ことで、あなたのどもり(吃音)を改善に向かわせます。
そのやり方をすべて公表はできませんが、約20ページを使って具体的に示されていますので、迷うことはありません。

 

必要な時間は一日15分程度で、30日間続けることで、あなたの潜在意識の書き換えが無事終えて、どもり(吃音)がいつの間にかかき消されていることを目指したのが宮崎  さんの「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」です。

教材の不満点や向いていないと思われる人

・ 医師が監修している教材でないと信用できない人
3ステップどもり(吃音)解消プログラムを開発した宮崎一哉さんはお医者さんではありません。自らの吃音克服を教材としてまとめたものなので、その内容が信用できないとお考えの方には向いていないかもしれません。
・ 書籍類と比べて価格が高い
平均すると、ネットで販売されている商品は価格が高ものが多いと思います。しかも、それらの商品は中身を立ち読み感覚で見れないのも欠点です。たとえば、教材の概要がわかるようなサンプルのダウンロードができたりすると、案心して購入できます。ただし、その欠点を補っているのが、全額返金保証制度です。
・ 少しだけ吃音解消のための説明がくどい
これは私だけかもしれませんが、少し説明が長い気がしました。ただし、宮崎一哉さんがひとりで苦しみ抜いて、やっと見つけた吃音解消法を伝えたい熱意だと思いますので、許容範囲と判断しています。